読むと発狂してしまう? 『女學生奇譚』

 読んだ者が発狂や失踪してるという古書『女學生奇譚』。

 どこかの屋敷に監禁されてたらしい女学生の手記(古書の内容)と、その謎を主人公のフリーライターが追っていく様子が、交互に物語られ、緊張感をジワジワ盛り上げていきます。

 この主人公、恐怖が感じられない特異体質で、しかも双子の弟は殺人狂で服役中という、やたらと“濃い”キャラ。
 本書には、同様に“濃い”登場人物が多く、1冊で退場させるにはもったいないカンジ。

 手記の女学生を狂気がむしばみ、主人公の周囲では怪現象が頻発し、これでどう決着するのかと思ったら、何とも意外なフィニッシュ。
 これって続編が…?