これから激変していく社会 『誰が日本の労働力を支えるのか?』

 野村総研の研究者らによる、2030年の日本を予見したリポート。

 少子高齢化の進行で今後700万人以上の労働力が失われてしまうことは確定的で、それは高齢者や女性や障害者らをフル活用できたとしても埋まらない。

 対策として挙げられるのは、外国人労働者の受け入れと、人工知能(AI)やロボットの導入。
 ただし前者は、言語習得の困難さや、賃金水準の低さなどから、日本が職場として魅力に欠けるので、必要な人材を集められそうにないらしい。

 そこで本書は、労働現場でAIやロボットを活用した場合の、小売と流通、ヘルスケアの3分野での、近未来のシミュレーションを提示。
 機械によるサービスや、個人情報の一元管理などは、私たち国民の受容/拒否によって状況が変化するため、パターンごとのシナリオまで細かく考えられていて、説得力あるぞ。
 巻末には、AIやロボットの導入による、さまざまな職業の代替可能性がリストにまとめられてる。

 アルバイト頼みのコンビニとかは業態が変わりそうだし、“事務”へのニーズは減っていく一方に思えるし、医療は2極化するかも知れない。
 これからの5年、10年での、社会の激変が思い知らされ、クラクラしてきます…

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪