愛が確かめられたらそれでヨシ! 『葉桜の季節に君を想うということ』

 歌野晶午のミステリ。
 高齢者を狙う悪徳商法に絡んだ殺人事件の謎を、元探偵の主人公が追求するという物語。

 終盤にオドロキのどんでん返しが待ってる。
 明かされた“真相”によって、読みながら思い浮かべてきたイメージを、冒頭からガラッと再構成しなきゃならなくなるはず。
 個々の登場人物を俳優などに見立てて読んでた人は、キャスティングのやり直しを強いられるぞ。

 主人公には、妙な自己顕示欲と卑屈さがある。何とも暑苦しくて面倒くさい。
 好き嫌いが分かれるみたいだけど、あの“真相”に至るからこその、クセのある人物造形だと思う。大げさに羽目を外して見せたいとか、ブイブイいわせたいという欲求は、“どんな人”だって持ってるだろうから。

 それと、事件自体の決着があいまいなままでの、「愛が確かめられたらそれでヨシ!」みたいな幕切れ、これも賛否ある模様。
 妙な爽快感があって、個人的には嫌いじゃありません♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪