変わらない、変われない、私たちの姿 『火星年代記(新版)』

 名高いSF短編集を、ブラッドベリ自身が改訂した“決定版”みたいな本。

 人類の火星進出に絡んだ短編が時系列に並んでるんだけど、旧版よりも時代設定が未来へずれ、いくつかの話が追加・削除してある。訳文も新しくなってる模様。
 それでも、寓話的で風刺的で、素朴にしてノスタルジックな世界観は変わらない。

 ただ、何十年も前に読んだ時には、登場人物たちの多くが、猜疑心が強く、やたらと頑固で、思い込みや迷いにとらわれていて、イマイチ好きになれなかった。
 ところが、自分が社会人となって紆余曲折を経て、家庭を営んだりしてる今読むと、人々の弱さや愚かさにシミジミと共感。

 浮世離れして見える物語だけど、いつの時代にも変わらない、そして変われない、私たちの姿が描かれてる。
 やはり名作なのでした♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪