“交換日記”で盛り上げる 『カツカレーの日』(1・2)

 恋愛と結婚の間でココロ揺れてるアラサー女子が主人公。たまたま入ったカフェの落書きノートを通して、謎の人物との交流が始まり…というマンガ(2巻完結)。

 このSNS全盛の時代に、あえて“交換日記”というアナログな小道具を活用。人間ドラマを盛り上げてるところが、なかなかに巧い。

 なんて感心しつつも、妙な“偶然”の重なりに、「東京ってそんなに狭いの?」みたいな不自然さを覚えたり。
 TVドラマあたりでもありがちだし、イチイチ気にするのは野暮なんだろうけど…。

 イチバン良かったのは、主要な登場人物たちが、それぞれに前向きな決着を迎えるところ。スッキリとした読後感。
 シビアな結末は、巷のニュースでたくさんです。

 それにしても、タイトルの割には、そんなに“カレー”の絡む話じゃなかったぞ。
 カレー好きとしては、意外というかガッカリというかw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪