八重山諸島が舞台の8短編 『統ばる島』

 池上永一による、八重山諸島の8つの島を題材にした、オムニバス短編集。

 青春小説風とかホラー風とか民話風とか、テイストが異なる8話には、舞台となる各島の風土や歴史的位置付けなどが、巧みに反映されてる模様。
 古代の祭祀や、神秘的な現象が、地域に受け継がれ、日常に溶け込んでる。その様子が何とも大らかに描かれていて、こーゆーのを「マジックリアリズム」って言うんでしょうか?

 観光では決して分からないだろう、島で生きる人々のメンタリティに触れられる一冊です♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪