家庭では“絶滅危惧種”に 『残念和食にもワケがある』

 家庭の食事を20年にわたって調査してきた著者が、和食の将来を憂えてる本。

 白ご飯は「味が無い」と敬遠、好物だけをガッツリ食べたがり、“一汁三菜”や“さしすせそ”の意味を知らない。食卓からは箸が消えつつあり、何でも一緒に盛れるワンプレートディッシュが普及、汁物にはマグカップが使われる。
 資料として添付されてる大量の食卓写真は、贅沢だったり貧相だったり、チグハグだったり投げやりだったり。

 これらを通して分かることは「家庭において和食は絶滅しつつある」。

 それでも著者は、現状を嘆いたりはせず、「ワケがある」として客観的に分析。
 和食が“絶滅危惧種”となった背景には、共働き世帯の増加や、嗜好の多様化、これらに応じた産業側のマーケティングなどがあるからで、良し悪しを問うても仕方ないのです。

 近い将来、簡便にアレンジされたものか、趣味的に楽しむ和食だけが家庭に残り、他は専門業者に頼ることになるんじゃなかろうか。
 和食という日本文化は、和服と同じ道をたどりそう…

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪