驚かされ、はぐらかされ 『隣接界』

 クリストファー・プリーストの長編SF。

 複数の異なる短編小説が連なってるんだけど、固有名詞とか登場人物とか状況とか、それぞれに似かよった箇所が散見される。ちょっとだけ似てると言うか、ビミョーにズレてると言うか、そんな物語の集積なのです。

 「何を目指してるのか?」と戸惑いながら読み進めるうちに、方向性とスピード感が出てきて、やがてひとつの“結末”に収まってしまう。

 驚かされ、はぐらかされたようでもある読後感は、巧妙な奇術を観せられたカンジ。
 タネが隠されたままなところも、やっぱ奇術的w

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪