よみがえる“ワクワク感” 『ローマ帽子の秘密』

 エラリー・クイーンのデビュー作にして「国名シリーズ」第1作。
 読みやすい訳文が好評な半面、ライトノベルっぽいカバーに賛否が分かれる、角川文庫版を読みました。

 舞台公演中に客席で起きた殺人事件の謎へ、クイーン父子が挑む。
 事件が発生し、探偵役と警察が捜査を始め、被害者の身元が分かり、重要参考人が次々と登場…とテンポ良く進んでいく。

 登場人物のリストをながめつつ、犯人を推理してみたりして。
 海外の古典ミステリを頑張って読んでた、少年時代の“ワクワク感”がよみがえる。

 自分で目星を付けてた人物が犯人だったので、ちょっと嬉しかったっス。
 巻末の解説によると、以前の邦訳版では、ある箇所の訳出が不充分なため、犯人特定に至る過程が“アンフェア”とされていたそうな。個人的には「それでも特定できそうな…?」とも思えるんだけどw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪