伯爵や名探偵や博士たちが 『虚ろなる十月の夜に』

 ロジャー・ゼラズニィによる、ホラー風味のファンタジー。
 19世紀のロンドン近郊を舞台にした魔術的ゲーム、恐るべき何かを召喚しようとする者と、それを阻止しようとする者の暗闘を描く。

 主人公は犬で、ゲームに加わってる“切り裂きジャック”の相棒(使い魔みたいな存在)。
 ジャックと犬は、ハロウィンに設定されてる決戦へ向け、属する陣営を隠しながら、他のプレイヤーたちと助け合いや騙し合いを繰り返す。

 この暗闘に、昼間は棺で眠ってるらしい「伯爵」とか、殺人事件を捜査してる「名探偵」とか、怪しげな人体実験を進める「博士」などが絡んできて、事態は混迷するばかり。
 犬の視点から語られる、同時代の“人気キャラ”たちによる駆け引きが面白い。

 クトゥルー神話に関連しており、盛り込まれてる情報は多いけど、軽い読み味のエンターテイメントでした♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪