奴隷を逃がすトンネル網 『地下鉄道』

 沢木耕太郎の『深夜特急』に、旅人を乗せてユーラシア大陸の闇夜を走る特急列車なんか出てこない。

 ところが、本書には「地下鉄道」が登場する。
 本来は19世紀アメリカで黒人奴隷たちを南部諸州から逃亡させてた秘密組織を指す言葉らしいけど、この物語では、蒸気機関車が走る地底トンネル網として描かれてる。
 リアルに近いファンタジーというか、その逆というか。

 ジョージア州の農園で働かされてた黒人少女が、自由を得るため、地下鉄道に乗って逃亡。奴隷狩り人たちの執拗な追跡をかわしたり、各州で人種差別の多様な側面を目のあたりにしたり。
 過酷で悲惨な逃避行と、スリルに富んだ大冒険、両者のテイストが絶妙に混ざってるカンジ。

 アメリカという国家が抱える矛盾や欺瞞について考えさせつつ、物語として読ませる力のある本です♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪