「突き止めてやる」なんて気負わずに 『エジプト十字架の秘密』

 名高い「国名シリーズ」の5作目。クイーンの代表作にも数えられるとか。

 磔にされた首無し死体。古代エジプトの太陽神を名乗る狂人。孤島にひそむヌーディストのカルト集団。ヨーロッパの旧家に伝わる宿怨。渋いスポーツカーを駆る探偵。意外や意外の真犯人。
 …などなどがテンコ盛りなうえ、スピーディーな展開で楽しめます。

 古くさく感じないと言うか、近ごろ書かれたような印象を抱いたり。
 この名作のフォロワーがたくさんあって、そっちを先に読んできてるせいかも。

 「犯人を突き止めてやるぞ」なんて気負わずに(自信も無いしw)読めば、ホント面白いっス♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪