スーパーヒーローという“スター” 『ジェシカ・ジョーンズ:エイリアス AKA 謎の依頼者』

 マーベルのアメリカンコミック。
 アダルト向けのレーベルから出てるけど、スーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」などが活躍してる世界が舞台。

 かつてアベンジャーズのメンバーだったジェシカは、派手なコスチュームを脱いで引退。ニューヨークの片隅に探偵事務所を開き、浮気調査とか請け負ってる。
 “正義の味方”は辞めたものの、一般人になれる訳でもない…そんな宙ぶらりんな立場が、下町をさまよう探偵稼業と妙に合ってるぞ。

 ひょんなことからジェシカは、ある有名ヒーローのスキャンダルに巻き込まれてしまう。
 ジェシカが引退した理由とか、直面する事件とか…それらはすべて、ヒーローの“スター”としての側面に起因してる模様。

 ヒーローたちの社会的な扱い、その描かれ方は、人気のあるスポーツ選手や俳優、ミュージシャンのそれに似てる。
 架空の存在ではあるけど、スーパーヒーローがアメリカの文化に深く根ざしてることがうかがえて興味深い。

 シリアスなテイストも手伝って、マーベルユニバースがグッと奥深く感じられます♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪