天才か? 礎か? 『最後の秘境 東京藝大』

 東京藝術大学のルポルタージュ。
 著者は作家で、妻が現役の藝大生であることが、執筆の動機になったそうな。

 学内のさまざまな学部を見て回りながら、そこで頑張る学生たちにインタビュー。
 “奇妙”とも思えるモノゴトに真面目に取り組んでる藝大生たち、そんな相手をできるだけ前向きに理解しようとする著者、ともに好印象で、書名ほどのブッ飛んだ内容ではない。
 “美大・音大あるある”と異なる“藝大あるある”の独自性が、どれだけすくい取られてるのかはイマイチよく分からないものの、得意なことや好きなこと、やりたくてたまらないことに打ち込んでる学生たちのシアワセが、読んでいて伝わってきます。

 才能に恵まれつつ努力もできる若者たちが全国から集まって切磋琢磨し、それでも、社会へ大きく羽ばたけるとは限らない。卒業生の半分以上が「進路未定」とされ、多くが行方不明になってしまうという。
 そんな実態を積極的に肯定するのが、学長の言葉「何年かに一人、天才が出ればいい。他の人はその天才の礎」。

 日本の文化を牽引する人材へ大成するのか、誰かの“コヤシ”で終わるのか…シビアにして極端な選択を迫る大学でもある模様w

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪