奇妙で異様で不気味で独特 『不思議の森のアリス』

 リチャード・バートン・マシスンの短編集。
 “ホラー”とか“ダーク・ファンタジー”に当たるらしい、奇妙で異様で不気味で、何とも独特な16編。

 玉石混交っぽいけど、“玉”に相当する方は、“石”を補って余りある面白さ。
 印象的な光景とか、突飛な設定とか、ヒネリの利いた幕切れなどなど、どこか後を引く余韻がある。
 物語の密度が濃いので、同じネタをスティーブン・キングがネチネチ書いたら長編に仕上げてしまいそう。

 オススメの短編は「生き残りの手本」。読んでいてブッ飛びましたw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪