文明や社会を追い続ける 『若い読者のための経済学史』

 経済学が積み重ねてきた理論や知見を、平明に説いてある好著。

 古代から現代までの世界史に沿って、時系列的・体系的に解説。
 40章が「神の経済」「創造的破壊」「野獣化する銀行家」などのタイトルで短くまとめられ、それぞれエッセイみたいに読める。

 さまざまな学説が確立されて検証されて葬られて、それでも“決定版”みたいな揺るぎのない発見には程遠い模様。資本主義の“次”を見出だせてもいないし。
 人類の営みを扱う学問だけに、文明の高度化や社会の複雑化を、ずっと追い続ける宿命なのかも。

 大学の経済学部にいたのに、自分が何も学んでなかったことを思い知らされた。半面、今になって経済学の醍醐味に触れられた気もする。
 若いころに読んでいれば有意義な学生時代になったようにも思えるけど、若くなくなってから読んでも有意義だと信じたいですw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪