『易経』を読んでみたくなる 『高い城の男』

 学校給食にパンと牛乳が出る。宇宙戦艦ヤマトがデスラー総統をやっつける。「UCLA」のトレーナーが流行する。英語はできないのにカタカナ言葉は使いたがる。…かつての敗戦の影響が、日本社会のいろんなところにいろんな形で表れてる。

 敗戦から何十年も経った社会に生きる私たちには、どれもが当たり前で、無自覚に受け入れてたりする。
 半面、当たり前とは認めたくないことも厳然とあって、それらは私たちの深くて軟らかい部分をチクチク刺激し続けてる。

 フィリップ・K・ディックの代表作とも言われる本書。
 少々とっつきにくいかも知れないけど、読みどころはたくさんあるし、いくらでも深読みができ、あれこれ考えるきっかけをもたらしてくれます。
 古代中国の『易経』を読んでみたくなるという、妙な“副作用”もw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪