知ってる土地でも面白い 『ラオスにいったい何があるというんですか?』

 村上春樹の紀行文集。

 やや過激なタイトルにも思えるけど、これはベトナム経由でラオスに入る際、著者がベトナム人から言われたことだと。
 「ラオスにあるものはベトナムにもあるけど、その逆は無い。なのに行くの?」とのニュアンスを含んでたらしい。
 しかし、やはりベトナムに無いものがラオスにはあったそうな。

 世界中のいろんな情報が手軽に入手できるようになって、私たちは何に対しても「もう知ってる」「どこかで見た」みたいな感じを覚えてしまう。
 「そこにしか無いもの」を認識する“感度”が鈍ってるとも言えそう。

 著者みたいに、モノゴトを自然体で受け入れ、素直に驚き戸惑い納得し、自分の言葉で“消化”できるようになりたい。
 著者みたいに、世界各地を旅行する機会とは無縁だろうけど。

 意外に楽しめたのが、巻末の熊本紀行。
 自分(熊本県民)の身近にある場所で、著者がどこに注目し、どんな感想を抱いたのかが興味深かった。
 知らない土地の紀行文も面白いけど、知ってる土地の紀行文も面白いものです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪