ホノボノなりに攻めてる 『バーナード嬢曰く。』(4)

 読書好きな男女4人が織りなす、読書好きのための、“読書あるある”なギャグマンガ。

 のはずなんだけど、人気を集めて4巻にまで至ると、もはやギャグだけにどどまらない、何とも深い内容に。
 「どうして私たちは読書をするのか?」「本に親しんで得られるものは何?」なんて、改めて考えてみたらなかなかに難しそうなことを、4人は語り合い、日常の中で模索し続ける。

 加えて本作は、かなりニッチな“読書あるある”を取り上げてもいる。
 同じ経験を持つ読者なら、強い共感を抱くだろう。半面、経験のない大多数の読者にも、「ないけど分かる」「あったらイイかも」と思ってもらえそうに描かれてる。
 このホノボノとしたマンガなりに攻めてる気がするぞ。

 早くも5巻が楽しみです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪