毎晩でもかよいたい 『古本屋台』

 誰が呼んだか「古本屋台」。

 それはリヤカー式の木製屋台で、おでんやラーメンを出しそうな風情だけど、赤ちょうちんには「古本」の2文字が。
 内側は書棚になっており、マニアのツボをグイグイ刺激するオタカラが詰まってる。文学系やサブカル系、マンガも絵本も洋書もあるぞ。
 店主は無愛想な初老のオヤジ。うるさい客は「帰んな」と追い出すことも。
 飲酒は芋焼酎「白波」のお湯割りのみ、1人1杯まで。

 古本屋台の渋い魅力にハマってしまった主人公。オヤジに邪険にされても、出店場所が変わっても、夜な夜な赤ちょうちんを目指す。

 この主人公に共感する。
 身近に古本屋台があったら、毎晩でもかよいたい。お湯割りをチビチビ飲みながら、書棚をあさりたい。常連客たちと読書談義に花を咲かせたい。

 軽ワゴン車とかで古本を売って回る“小商い”は耳にするけど、こーゆー屋台って在りそうで無い。
 実は幻想世界のシロモノかも知れません♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪