力強い叱咤が伝わってくる 『橋を渡る』

 ネットや新聞、テレビなどで、私たちは日々、世界中のさまざまな出来事を知る。マスメディアが報じるのは、戦争やテロリズムや人権問題や環境破壊や自然災害などなど。
 そんな大ごとの前には、自分のささやかな行動なんか無意味、個々人の決意や努力なんか無力で無駄…そう思えてしまう。

 本書は4章からなるオムニバス風の長編小説。

 1~3章は現代日本が舞台で、ビール会社の営業マン、都議会議員の妻、テレビ局の報道ディレクター、各章の主人公たちの日常と、いささかフクザツな“秘密”が語られる。
 しばしば本筋とは無関係っぽい逸話が入るんだけど、いろんなエピソードが重なるほどに、登場人物たちの造形が確かになり、現実味がジワジワ増していく。描き方がとても巧い。
 これら3章に共通するのは、「世界は変わらない/変えられない」とか「変化を求めるべきではない」とか、そんな閉塞感や諦念の雰囲気。

 ところが4章で、物語はブッ飛んだ方向へ展開、オドロキの着地を決める。かなり予想外。
 ではあるけど、「現実から目をそらすな」「自分にできることをやれ」と言わんばかりの、著者の叱咤が伝わってくる。なかなかに力強い。
 やっぱ、より良い未来を目指さなきゃですね♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪