ユルい“散歩”エッセイ 『ニッポン線路つたい歩き』

 久住昌之の紀行エッセイ集。旅行雑誌に連載されたものらしい。

 全国各地のローカル路線を訪れ、駅に降り立って、線路沿いをテクテクと歩く。“旅”ではなく“散歩”に近い、何ともユルい企画。

 食堂で腹ごしらえをしたり、銭湯でひとっ風呂浴びたり。雨に降られて困ったり、線路を見失って不安になったり。妄想をたくましくしたり、空想にふけったり。

 著者の真似をしたいとは思わない。沿線を訪れてみたくなる訳でもない。なのに、不思議と楽しく読めてしまう。
 自分の身代わりとなった著者が、頼まれてもいないのにウロウロしてくれてる…そんなカンジ。ありがたくはないけれど、迷惑でもない。

 「著者にしかできない」「著者にしか書けない」は言い過ぎかも。けれど、「あってもイイよな」と思える一冊ですw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪