前半の緊迫感、後半の疾走感 『カッコーの歌』

 フランシス・ハーディングのファンタジー。

 舞台は第一次大戦後のイギリス。
 冒頭、主人公の少女が記憶喪失の状態で目覚める。池でおぼれかけたらしい。記憶は徐々によみがえってくるけど、イマイチ確信が持てない。
 裕福な家庭で、両親があれこれ世話を焼いてくれるのに、居心地は悪い。

 強い飢餓感にさいなまれたり、妹から「偽者」となじられたり…自分はどうなったのか?
 戦死したはずの兄から手紙が届いたり、自分の日記が誰かに破り取られてたり…この家はどうなってるのか?

 物語の前半は、何とも不可解で不気味。それが後半、オドロキの大転換を経て、事態が大きく動きだす。
 前半のドキドキする緊迫感から、後半のワクワクする疾走感へと、コントラストが利いてるぞ。

 主人公の造形は画期的だし、“異界”の描写は刺激的だし、読みどころがたくさん。
 そして何より、自分の哀しい運命を知ってなお、信念に従って突き進もうとする、主人公の健気さがイイのです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪