訴えられないか心配に 『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン:センチュリー』

 さまざまなフィクションのキャラクターたちが共演し、大英帝国で冒険を繰り広げる、アラン・ムーアによるコミック・シリーズの3作目。

 主人公は、吸血鬼ドラキュラに噛まれて不老不死になってる、ウィルヘルミナ・マリー。
 世界へ破滅をもたらそうとする悪漢との、1910年から2009年までの約1世紀にわたる戦いを描く。

 ヴィクトリア朝時代の有名ヒーローが集結してた前2作とは異なり、本作では妙にマニアックだったりマイナーだったりするキャラクターが多い。
 現代へ至るまでに、メディアや娯楽が多様化・細分化してるせいだと思う。ヒーローも怪人も増えるばかりなのです。
 ついていけないネタがてんこ盛り。添付されてる解説リーフレットを参照しつつ読み進む。

 そんな本作だけど、最後のクライマックスでは、世界的に知られるイギリスの“魔法使い”が、オドロキの扱いでもって登場する。
 訴えられないか心配になってしまうほどの、ブッ飛んだ展開を見せてくれるぞ。

 風刺と皮肉と悪ノリが、全編にミッチリ詰まってる。突き抜けた痛快さがw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪