強引に折り畳まれていく 『天冥の標10 青葉よ、豊かなれ』(1~3)

 小川一水の大河SFシリーズ完結編。

 さまよう人類たちの行く先では、さまざまな星間文明がにぎやかに交戦中。
 そんなところへ割り込みつつ、人類同士の抗争もエスカレート。ややこしい事態のまま、終幕へ向けて大乱戦が展開する。

 出てくるエイリアンたちは、どれもユニークなんだけど、エンターテインメントとしてのギミックっぽい印象も。評価は分かれるかも。
 それと、「この先どーなるの?」という謎や刺激が詰まってたシリーズ前半に比べ、“真相”が次々と明らかになっていく後半は、物語の収拾・収束とともにハラハラドキドキが薄れてしまったようで残念。

 とは言え、スケールのデカい“風呂敷”が強引に折り畳まれていく過程は、やっぱ読み応えがありました。
 何年も読み続けてきて良かった♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪