会えばイヤになるんだろうな 『昨日がなければ明日もない』

 何となく“波長”が合わない人、苦手意識を覚えてしまう人がいる。
 できれば関わり合いになりたくないし、関わるとしても最低限の接触で済ませたい。分かり合おうと歩み寄っても、結局は無駄に疲れるだけにしか思えない。

 本書には中編3作が収められており、そのうち2編に、そんな人物が登場する。生々しい存在感がある。

 描写は一人称だから、私が人物を評価する上での価値観は、シリーズ主人公の探偵・杉村三郎や、それを書いてる著者に通じるのかも知れない。

 イヤな者に向き合えば、ネガティブなモノゴトはよりネガティブに伝わるはず。
 と言うことは、本作で主人公が出会う困った面々は、描かれているほどには邪悪ではなかったりするのだろうか?
 でも、やっぱ会えばイヤになるんだろうな。

 …とか何とか、妙なことを考えながら読んでました♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪