深いところで納得 『夢見る帝国図書館』

 国立国会図書館の前身とされる帝国図書館を題材にした、ちょっとユニークな小説。

 人物パートと図書館パートが交互につづられる。
 前者は、主人公の女性ライターが偶然出会った、天真爛漫な老女・喜和子さんをめぐる話。後者は、明治初期に創設された帝国図書館の歩みを、さまざまな切り口で描き出す。

 職員や文人や建物や動物などの視点で語られる図書館パートも面白いんだけど、人物パートの方も読ませるぞ。東京・上野を愛し、図書館や本を愛した喜和子さんの、謎めいた過去に主人公が迫っていく過程が、なかなかにスリリングです。

 喜和子さんという存在のどこが帝国図書館を象徴してるのか、浅いところではイマイチ分かってないものの、深いところでは納得させられてる…そんな不思議な読後感でした♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪