表紙のイメージとは大違い 『連続殺人鬼 カエル男』

 カエルの着ぐるみ姿の変人が、シュールな事件を起こしまくる脱力ミステリ…みたいな、ユーモラスな表紙から浮かんできたイメージとは大きく異なる、猟奇的なサイコサスペンス。

 カエルをもてあそぶ幼児のように、弱者を残虐に殺していく犯人へ、マスコミが付けたあだ名が「カエル男」。

 何とも陰惨な事件が続くんだけど、ゲンナリする間もなくエピソードが積み重なり、終盤には立て続けにどんでん返しが。
 若手刑事の葛藤とか、刑法39条の是非とか、ピアノ演奏の巧みな表現とか、読みどころもたくさん。

 “社会派”っぽい側面もあるけど、著者は娯楽に徹してるらしいので、「うひゃ~」とオドロキつつ楽しむのが正解かも♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪