フィクションで終わらせなきゃ 『未来の年表』『未来の年表 2』

 正編と続編、2冊を読みました。

 人口減少が進む近未来の日本社会を、年表形式で展望してる本。
 これから噴出するらしいさまざまな問題を、各種データの裏付けでもって紹介。大都市は高齢者だらけになり、地方からは人が消えていく…何とも寒々しいビジョンだぞ。

 ベストセラーを受けて出た続編では、私たちの身近な暮らしがどう変化するのかを具体的に見せてくれる。

 危機感をあおるばかりでなく、いくつかの対策も提示。
 「イケるかも」と思わせる妙案もあれば、効果が疑わしい迷案もあって、玉石混交。

 著者個人の発想に限界があるのは当然で、やはりいろんな人材からいろんな知恵を集めるべき。
 人口減少をビジネスチャンスと見たっていいし、循環型社会へのシフトダウンみたいに捉えてもいいはず。

 SFのようにも読める本書だけど、決してフィクションじゃない。
 いや、むしろ現実化させず、フィクションで終わらせなきゃならないのか…

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪