首肯するやら膝を叩くやら 『バーナード嬢曰く。』(5)

 読書好きあるあるネタの室内劇マンガも、もう5巻。
 なのに、グダグダに陥ることなく、面白さのレベルを維持。むしろ向上してるかも。

 「もう/少しだけ/下巻を求められる喜びに/浸らせてください」「ぜひ…/この…/清涼院流水の/『コズミック』を」「熱く語りたいけど/まだそれほど知らなくて/装丁とか表面的な話に/偏ってしまうカンジ…/わかるぞ!!」などなど。
 こちらのツボをグッと押してくるような名言の数々に、いちいち首肯するやら膝を叩くやら。

 加えて、キャラクター4人の造形や関係性が、さらに深くなってる印象も。
 絵柄は初期の方が好みなんだけどw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪