自由? 寂しそう? 『羊をめぐる冒険』(上・下)

 20年以上ぶりに再読。
 以前はフツーに読み飛ばしてた箇所に、ふと目が留まったり、共感したり、違和感を覚えたりして、そこが面白い。自分が年を取ったせいかも。

 不可解な出来事にほんろうされる主人公は、それでも、独自のライフスタイルというかルールみたいなものを堅持し、淡々と行動する。
 そんな主人公が、かつては「自由に生きてる」とうらやましく思えたのに、今は「えらく寂しそう」とあわれに感じる。

 深い孤独を抱え、自覚のないままに苦しんでる。降りかかる火の粉を払うのに精いっぱいで、将来を思い遣る余裕(意欲?)などない。
 みたいに読めてしまう。直接そう書いてある訳じゃないけど。

 何年も経って読み返したくなったり、読み返すたびに感想が変化したりするのは、自分にとって良書なんでしょうね…

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪