「そうなるの!?」「こうきたか!」 『マリアビートル』

 東北行きの新幹線に、犯罪業界の連中が乗り合わせる。
 有名なプロフェッショナルだったり、無名の元プロだったり、売出し中のルーキーだったり、未完の大器(?)だったり。みんな目的はバラバラだけど、無自覚な奇縁でつながってる。
 新幹線が走り出すと、それぞれが車内で衝突したり反発したりして、物語を予想外の方向へ転がしていく。

 読みながら「そうなるの!?」「こうきたか!」と驚き感心するばかり。
 緻密に構成されてる半面、エンターテインメントに徹してるカンジで、素直に楽しめました。

 幕切れの爽快感は、スプライト30本分、あるいはクールミントガム1キロ分に相当か♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪