弱さや惨めさを肯定 『あやうく一生懸命生きるところだった』

 ユニークな自己啓発本。と言うか、むしろ“後退”を指向してるエッセイ。

 著者は40代の韓国人男性。
 3浪して難関美大に入学、兵役を経て30歳で卒業し、会社員とイラストレーターを兼業するも、どちらにもヤル気を見出だせずにドロップアウトしたそうな。

 日本以上の学歴社会・競争社会とされる韓国だけど、近ごろは学歴や競争から外れた生き方も評価されつつある模様。

 努力が報われるとは限らないし、成功が幸せをもたらすとも限らないし、自分と他人を比べても不毛なので、無理をせずにマイペースで生きていこう…みたいな、著者が半生から得た諦観を、さまざまな文言や表現でもって繰り返し主張。
 自分の惰弱さや卑俗さを赤裸々につづる、マゾっ気さえうかがえる低姿勢、これが意外と読ませるぞ。著者の手による挿画、スネ毛が目立つ白ブリーフ1枚のオジサンキャラも、トホホなテイストに合ってる。

 ただし、著者は現在の暮らしぶりについてほとんど触れておらず、具体例に欠けた精神論に終わっていて残念。

 それでも、「キツい人生から逃げ出したい」とか思い詰めてる時は、弱さや惨めさを肯定してくれる本書に救われるかも。
 必要とする人はいると思います…

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪