空気感や心情がよみがえる 『四畳半神話大系』

 人生も半世紀を過ぎたというのに、過去にしでかしたアレコレの思い出に、しばしば悩まされる。
 もう関係者は忘れていて、ウジウジこだわってるのは私だけなんだろうけど、どうにも頭から離れない。このまま長期記憶として脳内に定着してしまったら、老後も延々と悩み続けるのでは…なんて考えると恐ろしい。

 悩ましい記憶の多くは20代、それも大学時代に集中してる。
 浪人まで含めた約5年間、私は狭い世界で、無為な日々を悶々と過ごしてた。自意識過剰にしてバカ丸出し、下劣にして見苦しい。
 思い返すたび、アフリカ象に踏み殺されたくなる。墓穴を掘って埋まりたくなる。

 そんな恥ずかしさとともに、「こうしとけば良かった」「ああ言うべきだった」「どうしてそっちを選ばなかったのか?」なんて後悔にさいなまれる。
 あったかも知れない別の人生を想像し、現実との差異に愕然としたりする。自分勝手な妄想なんだけど。

 本書の舞台は京都だし四畳半だし、私の大学時代とは異なるものの、読んでると若かったころの空気感や心情がジンワリよみがえってくる。過去の記憶に生々しさが加わる。
 何かと困ってしまう物語でしたw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪