巨大マンションで殺し合いが 『ハイ・ライズ』

 J・G・バラードによる、純文学みたいなSF。

 英ロンドンの郊外に建てられた、40階建て1000戸という巨大な分譲マンションが舞台。内部にはスーパーマーケットやプール、レストラン、学校などが整備されてる。
 上階ほど高価なため、居住階がそのまま“階級”に。低層階には映像技師や旅客機乗務員などの技術系労働者たちが、中層階には医師や弁護士などの頭脳労働者たちが、高層階には企業経営者や芸能人などの富裕層が入居。

 当初は各自が居住階=階級にふさわしい生活を送ってたんだけど、あるトラブルをきっかけに、上下階の間で衝突が発生。その暴力はエスカレートし、マンション全体へ波及する。
 やがて住民たちは大小の徒党を組み、廊下や階段にバリケードを築いて、包丁とかゴルフクラブで殺し合うまでに。

 こんな異常なマンションなのに、逃げ出す者はほとんどいない。
 住民それぞれに、本能も欲望もさらけ出せる弱肉強食の空間へ、居心地の良さを抱いてる模様。

 何故にこうなってしまったのか…本書に明示はされてないけど、登場人物たちの丹念な心理描写を読んでると、何となく分かってくるような。
 みんなヨクアツの中で暮らしてるのねw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪