小説

安倍晴明っぽい? 『大江戸火龍改』

スポンサーリンク

 夢枕獏の伝奇シリーズ。
 江戸時代の後期、怪異や妖物などに対処する「火龍改」を務める、謎めいた男・遊斎の活躍を描く。

 飄々とした遊斎のたたずまいは、どこか安倍晴明に通じるものが。著者の人気シリーズ『陰陽師』の江戸版というカンジです。

 面白かったけど、全体的にあっさり薄味で、従来の夢枕作品群の“下位互換”みたいな。
 やっぱ『闇狩り師』の濃厚な長編とか、ガッツリ読みたいw

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂の本棚
タイトルとURLをコピーしました