異端の組織!? 地下神殿!? 『死神の棋譜』

 とても現実とは思えない、常識では考えられない…そんな殺人事件が、現実的で常識的な決着を迎えるというのが、ミステリーのひとつの定形だろう。

 本書は奥泉光による、将棋界を舞台にしたミステリー。
 矢文で届けられた詰将棋に始まって、宗教めいた異端の将棋組織やら、地下神殿の巨大将棋盤やら、盤面の“下”やら、何とも不思議でケレン味あふれる物語が展開。実在の有名棋士たちのエピソードも絡んで、グイグイ読ませる。

 で、この先どうブッ飛んでくれるのかと期待してたら、整然と謎解きが進み、現実/常識の枠内にきれいに収まる幕切れに。
 これはこれで意外な驚きだったけど。

 いっそ整合性とか無視して、怪奇&幻想の方向へ突き進んでほしかった気も…

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪