ロバート・チャールズ・ウィルスン

小説

大掛かりな間奏曲 『無限記憶』

 SF大作『時間封鎖』の続編。  包んだ惑星の時間を速めるバリアーとか、地球と異星を繋げる巨大アーチとか、そんなシロモノを生んだ存在“仮定体”の謎に迫る内容。 なのに、いっそう謎が深ま... 【続きを読む】
小説

謎の膜に覆われた地球 『時間封鎖』

 読み応え満点のSF大作。  地球が突然、謎の黒い膜でスッポリ覆われてしまい、膜外では時間が1億倍の速さで流れだす。 このままでは、膜内で数十年が経つ間に太陽が老いて巨星となり、地球を... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました