最相葉月

エッセイ

ノンフィクションライターとしての姿勢 『仕事の手帳』

 最相葉月のエッセイ集。  ノンフィクションライターとしての姿勢や、インタビューという行為の奥深さ、自著についての反省や矜持などが、謙虚と言うかストイックにつづられてる。 ラジオで務め... 【続きを読む】
ノンフィクション

デリケートな心の深奥に迫る 『セラピスト』

 心理療法について取材した、最相葉月のノンフィクション。  風景構成法を考案した精神科医・中井久夫や、箱庭療法を国内に拡めた心理学者・河合隼雄など、練達のセラピスト(治療者)たちによる... 【続きを読む】
ノンフィクション

情熱燃やす4年間 『東京大学応援部物語』

 最相葉月のノンフィクション。応援部員たちに密着取材し、セイシュンの悲喜こもごもを活写。  勉学優先だった学生ばかりの東大では、応援対象である運動部は弱く、試合では負けてばかり。それで... 【続きを読む】
教養

一途に頑張る人も、偶然や気まぐれも 『生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか』

 ノンフィクション作家の最相葉月による、東京工業大学での講義録。  打ち込むべき研究テーマの選び方について、先達に学ぼうという狙い。物故者の業績を紹介するだけでなく、ゲストを招いて語っ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました