永野護

マンガ

“商売”として成り立つブランド力 『ファイブスター物語』(14)

 唐突にして大胆な内容改変が行なわれ、どうしようか迷ったものの結局、読み続けることにした14巻。惰性的ズルズル感を覚える一方で、続きに期待してる自分にも気付いたり。  登場する巨大ロボ... 【続きを読む】
マンガ

受け入れるのか? 見切るのか? 『ファイブスター物語』(13)

 大胆すぎる設定変更を遂げた問題作。  この13巻でいきなり、戦闘ロボットがみんな別モノになるわ、粗筋として提示されてた年表は差し替わるわ。 『サザエさん』を読んでたら突然、フネさんが... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました