酒見賢一

小説

娯楽への絶妙なさじ加減 『陋巷に在り』(1~13)

 酒見賢一の大長編、全13巻。 古代中国の春秋時代、儒教の始祖・孔子の弟子とされる顔回を主人公に据えた、伝奇テイストの物語。  魯国の下町にあるあばら家に暮らし、いつも市中をブラブラし... 【続きを読む】
小説

ブッ飛び具合に驚き笑う 『泣き虫弱虫諸葛孔明』

 酒見賢一の三国志モノ。  軍師の諸葛亮孔明を主人公に据え、現代的な価値観とか、合理的な考察、メタなツッコミなどでもって、三国志を脱構築。奇人変人たちのドタバタ喜劇に仕立ててる。 ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました