エッセイ 天竺堂の本棚

あえて飛び込む 『面(ジャケ)食い』

スポンサーリンク
『面(ジャケ)食い』

 久住昌之の食べ歩きエッセイ。

 タイトルの「面(ジャケ)食い」とは、知らない土地で飲食店を訪ねる際、自分の勘だけを頼りに飛び込んでみること。レコードの「ジャケ買い」をもじった言葉らしい。
 著者が全国各地で敢行した、飲食店への飛び込み体験が、果し合いの戦績みたいにつづられてる。

 店の外観から、推理をはたらかせ、想像をたくましくし、期待や不安を抱きつつ入店する。これを著者は「勝負」と表現。
 勝つことも負けることもあるはずだけど、店名などを明示してるためか、本書には前者しか載ってない。

 あえて下調べをしないことから生じる、ちょっとした“冒険”。
 それを楽しめる、著者の余裕がうらやましいです…

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました