天竺堂の本棚 小説

いつしか探偵稼業へ 『希望荘』

スポンサーリンク
『希望荘』

 宮部みゆきの連作短編集。
 甘くはないけど胃腸に優しいプレーンヨーグルトみたいな主人公・杉村三郎が事件に巻き込まれる、社会派ミステリシリーズの一冊。

 前作で“逆玉の輿”からドロップアウトしてしまった主人公。
 帰省先で奇妙な人物に見込まれたり、不気味な出来事に遭遇するうち、探偵稼業へ足を踏み入れることに。

 男子が理想とする職業のひとつが探偵なんだろう。けれど、就業方法がよく分からない。
 探偵業へ運命的に引き寄せられていく主人公には、素直にあこがれます。収入も生活も不安定そうなので、なりたいとは思わないけど。

 子供の依頼をボランティアで引き受けたりする経済的余裕なんか、ないと思うぞ実際w

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました