現場の学び

現場の学び

働くことは存在の主張

 障害の重い人であっても、できるだけ働いた方が良い。 私はそう考えており、その考えを周りに伝えてもいます。  労働の成果が、安価な製品であったとしても。 誰かが購入してくれるなら、その... 【続きを読む】
現場の学び

マニュアルの大切さを力説する

 福祉支援でのマニュアルの大切さについて、仕事がらみの会合などで、つい力説してしまうことがあります。 あえて“力説”しているのは、マニュアルを軽視していたり、あからさまに拒否するような人がい... 【続きを読む】
現場の学び

“精通”よりも大切なこと

 「社会福祉士になったら、高齢者とか障害者とか、福祉のいろんな分野に通じていなければならないのでしょうか?」  ウチの施設に来ていた実習生から、そう訊ねられたことがあります。  大学や... 【続きを読む】
スポンサーリンク
現場の学び

現場実習で得てほしい2つのこと

 福祉専門職を目指す学生たちの現場実習。 ウチは小さい施設なので、実習が集中する夏場は、職員より実習生の方が多い時もあります。  利用者さんと職員に、実習生たちが加わると、施設内はワイ... 【続きを読む】
現場の学び

“いつもどおり”を演出する

 当ブログを書くに当たり、地域性などは出さないつもりだったのですが。 この4月に地元で起きた熊本地震は、無視することができない大事件でした。  私が勤めている福祉作業所は、熊本県南部の... 【続きを読む】
現場の学び

担い手となる当事者たち

 ウチの施設では、専門学校や大学からの実習生を受け入れています。 多くは、社会福祉士や介護福祉士の志望者。ほかに、小学校教諭や保育士などの養成過程で、福祉施設の現場を体験しに訪れる学生もいま... 【続きを読む】
現場の学び

自閉症スペクトラムの“営業”

 障害者の就労についての会合で、自閉症スペクトラムの青年3人と懇談する機会を得ました。 3人は当事者サークルの運営メンバーで、それぞれに就労しているそうです。  うち1人は福祉作業所で... 【続きを読む】
現場の学び

“創意工夫”は手早く手軽に

 ウチのような福祉作業所では、細かい“創意工夫”が、しばしば必要とされます。 福祉においては個別支援が大原則。支援する利用者さんに合わせて、視認しやすいスケジュール表をデザインしたり、作業空... 【続きを読む】
現場の学び

ポジティブな努力に価値を見出す

 ウチの施設で、ある製品の納期が迫り、授産作業が大詰めを迎えていた時のこと。 昼食時間にさしかかっていたものの、職員は作業続行を判断、利用者さんたちと頑張っていました。  利用者Aさ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました