ノンフィクション

報道の枠外に拡がるグレーゾーン 『からくり民主主義』

スポンサーリンク

 諫早湾干拓事業から沖縄米軍基地、小さな親切運動、障害者バスケットボールまで、さまざまな物事を扱ってるルポルタージュ集。

 マスコミが事件や問題を取り上げる場合、放送時間や紙面などの枠が限られているため、その中に収まるよう、情報を取捨選択してる。
 その際、「賛成/反対」「加害者/被害者」みたいな対立軸や、「町の声」「世間の人びと」など不特定者の視点を持ち出し、対象を単純化してしまうことも少なくない。

 けれど、報道の枠外には、善悪さえ定かでない大きなグレーゾーンが拡がってる。
 そこへ切り込み、一般的な認識とは異なる側面や、“解決”にほど遠い実態などをあぶり出してるのが本書。

 不可解さや意外さに直面し、しばしば著者は戸惑ったりうろたえたりして見せる。半面、そうなることを見越した上で取材してるようにも思える。

 軽く読めるけど、なかなかに深い内容でした…

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂の本棚
タイトルとURLをコピーしました