デイヴィッド・ゴードン

小説

明るく乾いたピカレスク・ロマン 『用心棒』

 主人公のジョーは、ニューヨークにあるストリップクラブの用心棒。  痩せぎすで、ややムサい風貌。胸に「SECURITY」とプリントされたTシャツを着てる。ハーバード大学を中退し、陸軍特...
小説

ミステリを楽しんでる自分って? 『二流小説家』

 冴えない小説家が、獄中の連続殺人鬼から告白本の執筆を依頼されるというミステリ。  導入からしてソソるんだけど、最後まで読み手を引っ張っていく面白さがある。  ふと、「ミステリを...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました