レイモンド・チャンドラー

小説

願望を高いレベルでかなえやがる 『プレイバック』

 こちらを見下そうとしてくる尊大な相手を、鋭い皮肉でヤリ込めたい。  拳銃を突き付けられたら、「あくびが出そうだ」と余裕カマしたい。  大金の小切手をチラつかせられても、無関心っ...
小説

やっぱマーロウはカッコいい 『高い窓』

 射殺体を前にして冷静に立ち回ったり。警官を相手に信頼関係を説いたり。乱暴そうな酔っぱらいを茶化したり。コワモテなクラブオーナーの事務所で減らず口を叩いたり。金持ちの依頼人へ不遜な口を利いた...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました