森博嗣

小説

日本ではなく、時代劇でもないような 『ブラッド・スクーパ』

 若き侍・ゼンの彷徨を描く、『ヴォイド・シェイパ』に続くシリーズ2作目。 不老不死をもたらすという「竹の石」をめぐり、ゼンが盗賊団と対決する。  日本でありながら日本でないような、時代... 【続きを読む】
小説

“和風ファンタジーの邦訳”みたいな 『ヴォイド・シェイパ』

 森博嗣による、ユニークな時代劇。  伝説的な剣豪に山奥で育てられた青年ゼンが、旅をしながら剣士として成長していく物語…らしい。  舞台は日本っぽいけど、人名はカタカナ表記だし、... 【続きを読む】
その他

著者独特の合理的思考 『臨機応答・変問自在』

 ミステリ作家の森博嗣による、ユニークな問答集。  名古屋大工学部の助教授だったころ、授業の一環として学生たちから質問を募り、これらにいちいち回答してたそうな。 その中から、読み物と... 【続きを読む】
小説

不可能犯罪をめぐるサスペンス 『神様が殺してくれる』

 森博嗣のミステリ。  国際的な連続殺人事件が発生、共通する重要参考人は絶世の美少年。その当人は、学生時代に寮で短期間同室だったというだけの主人公を、実行犯として名指し。 ところが、主... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました