天竺堂の本棚 ~読書は最高の娯楽です~

天竺堂の本棚

高度成長時代の“負の遺産” 『ペテロの葬列』

 宮部みゆきの社会派ミステリ。 企業グループ会長の娘婿になった平凡な男が、非凡な事件に遭遇するというシリーズ(?)の3作目。  奇妙なバスジャック事件に巻き込まれたことから、高度成長時... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

おとぎ話とは異なる伝奇 『かがやく月の宮』

 宇月原晴明による、竹取物語の“異聞”。  竹取翁の屋敷にいるという謎の美姫が、朝廷を大混乱におとしいれる。その様子を、求婚した公達や帝の側から描く。  大唐帝国との外交問題や、... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

読書とは“墓参り” 『書楼弔堂 破暁』

 京極夏彦の連作短編集。  明治中期の東京郊外に建つ、謎めいた書舗「弔堂」が舞台。 悩みや問題を抱えた顧客に、「どのような本をご所望ですか」との時代劇的キメ台詞が出て、“大切な一冊”が... 【続きを読む】
スポンサーリンク
エッセイ

私小説っぽさが特色 『悶々ホルモン』

 ホルモン食べ歩きのグルメエッセイ。 なんだけど、20代後半の独身女性フリーライターの私小説っぽい側面があり、そこが本書の特色かも。  著者のホルモン好きは有名らしく、東海林さだおのエ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

自殺が少ない要因探る 『生き心地の良い町』

 慶応大学の院生が“自殺予防因子”の研究をまとめた本。  研究対象となったのは、自殺率が全国でも極めて低いという、徳島県の海沿いにある海部町(現・海陽町)。4年かけて調査や解析を行なっ... 【続きを読む】
マンガ

遠くから鑑賞するにとどめたい 『ネイチャージモン』(1~9)

 お笑いグループ「ダチョウ倶楽部」メンバー・寺門ジモンの、驚くべき“生態”を描いた、セミドキュメンタリー的なマンガ。  独自の過激なトレーニングを30年以上も続けており、肉料理とオオク... 【続きを読む】
マンガ

極限状態で選択迫る 『ぼくらの』(1~11)

 15人の中学生たちが、謎の超巨大ロボットを順番に操縦し、地球の敵と戦わなければならなくなる。 敵を倒さないと地球は滅亡してしまう。敵を倒して地球を救っても自分の命は燃え尽きるという、何とも... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

スリリングな臨死体験 『航路』(上・下)

 コニー・ウィリスSF大作。上下巻。  臨死体験を擬似的に起こせる物質が発見され、認知心理学者と神経内科医のチームが、この物質をボランティア被験者たちへ投与し、聴き取り調査を始める。 ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

逃れられぬ災厄を前に 『深紅の碑文』(上・下)

 SF大作『華竜の宮』の続編。  目前に迫ってる、地球規模の大災害。 人類存続のために奔走する者、個人の信念や意地をつらぬこうとする者、星間宇宙船に思いを託す者…それぞれの立場や価値観... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました