天竺堂の本棚 ~読書は最高の娯楽です~

天竺堂の本棚

養成機関にして選別機関 『教場』

 警察学校を舞台にした、オムニバス短篇集。 生徒たちの視点から、冷徹な教官による厳しい訓練と、そこで生じる葛藤などが描かれる。  警察官の養成機関である警察学校。 それを、警官に向く者... 【続きを読む】
ノンフィクション

丁寧に取材、多面的に紹介 『精神科病院の保護室』

 精神科病院の保護室とは、自傷や他害のおそれがある患者のための病室のこと。  本書は、全国35カ所の精神科病院にある保護室を掲載。 写真や見取図、職員らへの聴き取りなど、多面的に紹介し... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

自由への“感度”育む 『勉強するのは何のため?』

 「なぜ勉強するの?」「なぜ学校に行くの?」という素朴な疑問に、教育哲学の先生が答えた、中高生向けの本。  勉強とは何か? 私たちが“自由”を獲得する(「これが自由なんだ!」と実感でき... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

芦屋雁之助が生きてる間に実写化してほしかった 『定吉七番の復活』

 東郷隆による、キレまくってるスパイ(ギャグ?)小説。  「殺人許可証を持つ丁稚」「世界で最も危険な丁稚」などと呼ばれる定吉七番が主人公。 大阪商工会議所秘密会所に所属し、関西経済界の... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

死に方だって前向きに 『小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』

 独身者が自宅で死を迎える“在宅ひとり死”。 これを果たす方策について、社会学者の上野千鶴子が書いた対談本。相手は日本在宅ホスピス協会会長の小笠原先生。  死に方を選べるとすれば、実は... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

怒涛の展開、過剰な演出 『黙示録』(上・下)

 池上永一の琉球王朝モノ。  舞台は18世紀。 清国と徳川幕府に従属し、軍事や産業で劣る小国・琉球は、文化や芸術に力を入れて影響力を増すという独自の外交政策を展開してた。  賤民... 【続きを読む】
ビジネス

古今東西の事例に触れる 『戦略読書日記』

 経営学者による、ちょっとユニークな書籍ガイド。  企業経営とは、経営者が個々の「センス」によって行なうもの。 高度な「スキル」を有する人材をたくさん集めても、それで経営が成り立つ訳で... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

私たちを縛るもの 『魂の脱植民地化とは何か』

 社会や環境から押し付けられる価値観や行動規範などが、無自覚なままに私たちの思考・言動を縛り、悪影響を及ぼしてる状態…これが「魂の植民地化」らしい。 呪縛が生まれる構造や、そこから脱するため... 【続きを読む】
マンガ

凄すぎる実体験マンガ 『アル中病棟』

 『失踪日記』に続く、吾妻ひでおの実体験マンガ。  アルコール依存症になって医療保護入院させられ、通称“アル中病棟”で過ごした日々が、作者の目線で描かれてる。  実際には陰惨な状... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました